RENOVATION

我が家のリフォーム事情

子供が生まれるタイミングで、これまで住んでいたマンションを出て、戸建てを購入することになりました。これまではワンルームだったので子供が生まれるとどうしても狭くなってしまうのと、都心の広い部屋で家賃を払い続けるよりは、郊外の中古戸建てで経済的にローン返済をしていこうということになりました。
色々と物件を見ていく中で、中古でも都心に近いと結構高いですね。中古の中でもかなり古い家だと、ほぼ土地だけの値段になるので、見るからにボロい家に住んで、自分の手でリフォームをしたいという主人からの申し出がありました。私自身は、リフォームをするなら業者にお願いするのが安心という意見でした。ですが、特に業界の人間ではない主人が、リフォームというのは、壊してからじゃないと家屋の劣化状態がはっきりとわからないから、どのくらいのコストがかかるのか判断できないことを聞かされました。
そういう事情で、リフォーム業者の方もある程度高めの料金設定にせざるをえないということを言っていて、妙に納得させられたのを覚えています。今、うちは数年来のリフォーム状態で生活しています。特に劣化が激しかった水廻りを終えたところです。これでよかったのがわかりませんが、少しずつ家がキレイになっていっています。

二階部分をプチリフォーム

子どもが生まれたことをきかっけに、義理の父と母と祖母と同居するタイミングで、二階部分の8帖の二部屋の間の壁を取り払って、LDKにするプチリフォームを行いました。寝室として使え…

MORE

リフォーム業者を選ぶ時のポイント

築年数が経過して汚れなどが目立ってくると住宅メーカー、工務店、設計事務所などの業者にリフォームの依頼をする事になりますが、業者を選ぶ時にいろいろと迷ってしまうという事も少なく…

MORE

自分で行うDIYリフォーム

世の中で流行しているのが、自分でリフォームするといったDIYリフォームです。自分で自分の自宅を好きなようにリフォーム出来るといったことが特徴で、失敗してもそれが自分の手がけた…

MORE

我が家のリフォーム事情

子供が生まれるタイミングで、これまで住んでいたマンションを出て、戸建てを購入することになりました。これまではワンルームだったので子供が生まれるとどうしても狭くなってしまうのと…

MORE


TOP

Copyright © 2016 リフォームは業者とコミュニケーションを取り合うことがカギ! All Rights Reserved.