RENOVATION

recent contents

2016/09/09

二階部分をプチリフォーム

子どもが生まれたことをきかっけに、義理の父と母と祖母と同居するタイミングで、二階部分の8帖の二部屋の間の壁を取り払って、LDKにするプチリフォームを行いました。寝室として使える部屋は他にあり、トイレも、もともと二階にあったので、その部分はリフォームしていません。バスルームも設置して水廻りがすべて二階に揃った状態の完全な二世帯住宅にしたかったので…

MORE

2016/09/09

リフォーム業者を選ぶ時のポイント

築年数が経過して汚れなどが目立ってくると住宅メーカー、工務店、設計事務所などの業者にリフォームの依頼をする事になりますが、業者を選ぶ時にいろいろと迷ってしまうという事も少なくありません。そのためリフォーム業者を選ぶ時のポイントを見ていく事にしましょう。リフォーム業者を選ぶ時はまず業者のリフォーム実績を確認する事が大切です。リフォーム実績があれば…

MORE

2016/09/09

自分で行うDIYリフォーム

世の中で流行しているのが、自分でリフォームするといったDIYリフォームです。自分で自分の自宅を好きなようにリフォーム出来るといったことが特徴で、失敗してもそれが自分の手がけたリフォームになるので、リフォーム業者に頼むより金額も安く済ませることで今大流行しています。ホームセンターで簡単に材料や道具を揃える事が出来きる為、初心者でもすぐに挑戦ができ…

MORE

中古物件を買ってリフォームで新築気分!

白い家の模型とペン

中古のマンションや戸建て住宅を格安で購入して、自分たちの希望に合わせてリフォームすると、新築住宅よりもお安く、しかも自分の好みのインテリアになって一挙両得の場合があります。全面的にリフォームしてしまうのはリノベーションと言って、まさに新築住宅と変わらない家が実現できます。また全面的にリフォームをしなくても、部分部分のリフォームでも、ご予算とご希望に応じて、どんなインテリアも実現できてしまいます。
こういう中古物件リフォームや古民家リノベーションは、今の時代にとてもマッチしていて、しかも新しい感覚のリフォーム工事です。リフォームというのは何でもできてしまう工事なんです。
キッチンを新しいセットに変えるのもリフォームだし、玄関アプロ―チの階段をなだらかなスロープに変えてしまうのもリフォームです。キッチンのガスコンロをIHクッキングヒーターに変えてしまうのも、狭い意味ではリフォームになりますし、そもそもガスを止めてしまって、太陽光発電と蓄電池を利用して、再生エネルギーを取り入れたエネルギー源に変えてしまうのもリフォームです。
新築住宅を購入するのも楽しいですが、古い住宅とこの様な様々なリフォーム工事と組み合わせて新築住宅に変えてしまうのも楽しいですよ。お値段と物件所在地と工事業者の兼ね合いで、ご検討してみて下さい。

リフォームをお願いするときの注意点

最近ではリフォーム専門の工事会社があるので相談しやすいのですが、規模によっては建て替えの方が安かったなどと言うことになりますので、きちんとリフォームしたい箇所を決めておきましょう。または大規模であれば建て替えも同時に検討されると良いかもしれません。どちらも見積もりを取ってから決めても良いでしょう。
小規模なリフォームで一部分をきれいにすると周辺との差が出てしまうため、周りも一緒に工事したいという希望が出てきたりします。もちろん追加工事となっていくでしょうから、事前にリフォーム業者とのイメージのすり合わせをしていきましょう。また追加工事の場合どこまでがサービス対応なのかもきちんと打ち合わせしましょう。
新築の建物とは違い、図面がない場合などは解体してみないと分からない点などもあるので、リフォーム業者がその点を曖昧にせずきちんと説明してくれるかなど、業者選定の基準にされるのもいいかもしれません。
いずれにせよ、リフォーム工事は新築工事同様に万円単位で簡単に見積額も増えていきますので、信頼できる業者を選定し、コマメにコミュニケーションを取り合いながら、設備機器などの現物もなるべく確認に行き、満足のいくリフォームをしてもらいましょう。

我が家の玄関リフォームの紹介

我が家では、昨年の夏に玄関リフォームを施工しました。玄関リフォームをしたきっかけは、同居している祖父が、玄関で靴の脱ぎ履きをするのが大変になってきたこと、そもそも家の顔である玄関の外観を綺麗に保ちたかったことなどがあります。
玄関リフォームをするにあたっては、第一にリフォーム業者選びに力をいれました。いくつかのリフォーム業者から見積もりを取り、実際の玄関リフォーム例を見ながら、リフォーム業者選びをしていきました。見積もりの際の、スタッフの対応などもチェックしたかいがあり、実際の玄関リフォームでストレスを感じることがありませんでした。
また、リフォーム費用についてですが、我が家の場合は、高齢の祖父母と同居していたこともあり、数年前からのリフォーム貯金をしていたため、あまり負担感を感じずにリフォームすることができたのは幸いでした。
もちろん、具体的なリフォーム内容にもこだわり、外観は綺麗に、バリアフリー化も意識したものになりました。バリアフリー化を図り、スロープや手すりの設置などをしたことによって、祖父も玄関の使い勝手が良くなったと喜んでくれました。玄関リフォームを無事に終えた我が家は、次のリフォームをどこにするか、家族会議を開いています。

愛知県でも閑静な住宅街として知られる岡崎市にお住まいの方でリフォームについて考えている方はいらっしゃらないでしょうか?もし業者選びで迷われているならオススメは「アトリエプラス」でしょう!こちらでは非常にオシャレな住宅を幾度と手掛けている非常に優良な業者ですから、不安なく任せることができると思います!岡崎市でリフォームをするなら「アトリエプラス」で決まりですので是非相談を!

二階部分をプチリフォーム

子どもが生まれたことをきかっけに、義理の父と母と祖母と同居するタイミングで、二階部分の8帖の二部屋の間の壁を取り払って、LDKにするプチリフォームを行いました。寝室として使え…

MORE

リフォーム業者を選ぶ時のポイント

築年数が経過して汚れなどが目立ってくると住宅メーカー、工務店、設計事務所などの業者にリフォームの依頼をする事になりますが、業者を選ぶ時にいろいろと迷ってしまうという事も少なく…

MORE

自分で行うDIYリフォーム

世の中で流行しているのが、自分でリフォームするといったDIYリフォームです。自分で自分の自宅を好きなようにリフォーム出来るといったことが特徴で、失敗してもそれが自分の手がけた…

MORE

我が家のリフォーム事情

子供が生まれるタイミングで、これまで住んでいたマンションを出て、戸建てを購入することになりました。これまではワンルームだったので子供が生まれるとどうしても狭くなってしまうのと…

MORE


TOP

Copyright © 2016 リフォームは業者とコミュニケーションを取り合うことがカギ! All Rights Reserved.